スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道のお店を開店しました!

北海道のお店の準備が整いました。

RIMG0810_R.jpg
14の夜に到着して、
15は大掃除と買い出し、
16にお店の準備が整ったのですが、ノボリの棒が見当たらず……
17の本日、開店です!

RIMG0809_R.jpg
──が、あいにくの雨。
何だかスッキリしませんね。
こんなお天気だと、お客様の足も遠のくので残念。
晴れの日にはぜひ、お越しくださいませ。

買い出しに出かけて不在のこともありますので、遠方からお越しの際は、
TEL/FAX 0123-26-0272
まで一度お問い合わせいただければ幸いです。

8/7追記
北海道出張所の販売は6月中旬から9月末までとなります。
店頭で販売している蜂蜜は、
クローバー 1200g
野の花 1200g
アカシヤ 1200g
のみとなります。
通信販売は全て岐阜からの出荷となりますので、よろしくお願いいたします。

国産純粋はちみつ 小森養蜂場

試食を持って北海道へ!

店長のチグサです。
明日、6/13に北海道へ出発します!
もうちょっと先だなーとか思ってたんですが、あっという間に北海道行きです。

北海道のお店で、
「岐阜の蜂蜜を食べてみたい!」
というご要望があったので──

mRIMG0805.jpg

店頭用の試食瓶を用意してみました。

ちなみに、こういった試食セットの販売のご希望があるのは重々承知しているのですが、
蜂屋の私たちが小瓶詰めをするのに時間をとられてしまうと、蜂作りや採蜜作業にかける時間を削ることになり、
いまのところ作れないのが現状です。
本当にごめんなさい!

mRIMG0807.jpg

少量だとわかりづらいのですが、それぞれ色が違います。
(もちろん味も違いますよ)

あかしあはやっぱり一番の色白ちゃんですね(左上)。
ソバ百花は茶色、そばは黒、右下のまっ黄色なのははんごんそうで、
空っぽなのはクローバー(笑)
こちらは岐阜で販売していないので北海道で入れる予定です。

ぜひ、千歳にお越しの際はお立ち寄りくださいませ。


国産純粋はちみつ 小森養蜂場

れんげ蜂蜜とみかん蜂蜜の販売開始

ながらくお待たせしました!
れんげとみかんの蜂蜜を販売開始いたします!!!

連日、
「いつ販売になるの?」
とのお問い合わせがあり、今月に入って採蜜自体はできていたものの、
採蜜で忙しく瓶詰めをする時間がなかなかなくて………。

本当にお待たせいたしましたが、やっと現在、瓶詰めをおこなっております。
ご注文の受付を開始いたしましたのでご注文くださいませ。
5/24あるいは5/25には出荷開始予定です。

れんげ蜂蜜は、昨年に引き続きお一人様6本までとさせていただきます。

よろしくお願いいたします。


国産純粋はちみつ 小森養蜂場

れんげの季節

れんげの季節がやってきました。

れんげを見ると、小さい頃にれんげ畑で遊んだことを思い出します。
私は花冠を作ることより、雪だまならぬ草だまをつくって投げるという、少年らしいやんちゃな遊び方でしたが……。

あ。
花冠もちゃんと作れますよ!!!
(念のため)

mRIMG0709.jpg
岐阜の県花でもあるこのれんげ、田んぼや畑のあぜにポツリと咲いているのは
ちらほら見かけますが、実のところ年々少なくなっています。

なので、れんげ畑をみると嬉しくなります。

以前は気にしたことがなかったのですが、嫁いでからはれんげ畑で探すものといえば──

mRIMG0750.jpg
もちろん、ミツバチ!!!

あまり写真を撮るのが得意ではないので、帰ってくるなり
「上手に撮れた?」
とカヨコさんに聞かれるのも恒例です。

ちゃんと撮れたつもりが、パソコンで見るとピントがずれてたりするので写真は難しいなーと。
靴に水が浸入したりといろいろありましたが、がんばって撮ってきました。

mRIMG0736.jpg
うしろ姿。

mRIMG0744.jpg
よこ姿。

mRIMG0745.jpg
大きい花粉団子を足にくっつけています。
まあるいお尻がかわいいー。

mRIMG0747.jpg
蜜を吸っているところ。

mRIMG0751.jpg
こちらは少々首をかしげて吸っています。
やっぱりかわいいなー。

mRIMG0715.jpg
ニホンミツバチも発見。


どのはちみつもそうなのですが、花が咲いていても気温や天気の状態で、その花の蜂蜜が採れないことがあります。
蜂の調子は良いそうなので、あとは気温と天気がよいことを祈るばかり。

今年もれんげ蜂蜜、がんばって集めてね!
と思いながらあとにしました。

れんげ蜂蜜は採蜜できれば5月下旬から6月上旬頃に販売予定です。
ご予約は承っておりませんので、ご容赦くださいませ。
→れんげ蜂蜜


国産純粋はちみつ 小森養蜂場

移虫

乳児連れでなかなか現場にいけていないチグサです。

子育ては大変、と言っても少しくらい時間ができるでしょ、とか思ってたんですが。
パソコンに向かうと、キーボードを押させて!マウスを触らせて!と小さい手が伸びてきて、
書きかけで保存 → 時期を過ぎてて記事にするには遅すぎる
ということを繰り返しています。

ふと、裏の柿畑を見たら。

mRIMG0682.jpg
はーーーーーちーーーーー!

巣門(すもん:巣箱の出入り口)からたくさん出入りしているのは見ていたものの。
巣箱を開けてミツバチがうじゃうじゃしている姿を見るのは久々なワタクシ。

写真を撮らねば!
とテンションマックスです。

どうやら親方が移虫作業をしている様子。
巣に生みつけられている幼虫を王椀(おうわん)に移していました。

mRIMG0685.jpg

巣の中に生みつけられている、ちいちゃい幼虫をすくってオレンジ色の王椀に移すのですが、親方はさくさくやっちゃいます。
つまりは仕事が速いってことなんですが。
ちょっとやってみたいと言いたいところなのですが、女王を作る大事な作業なので怖くて軽はずみには言えません。

ちなみにこの作業には

mDSC_1265_20160327111300464.jpg
■ローヤルゼリー
女王蜂になる幼虫のみ与えられる餌で、これを食べた幼虫だけが女王蜂になれます。
味は……酸っぱくて美味しくないです(笑)

mDSC_1272_20160327132135e60.jpg
■スポイト
ローヤルゼリーを王椀に入れるときに使います。

mDSC_1278.jpg
■王椀(おうわん)
人工的に王台(おうだい:女王を作る巣房)を作ってもらうための基礎。

mDSC_1275_201603271418514ef.jpg
■移虫針(いちゅうしん)
幼虫をすくって王椀に入れる道具

mDSC_1277_201603271418078aa.jpg
ちょっとわかりづらいんですが、先に透明なスプーンがあって、後ろを押すと
先の黄色いのが飛び出て幼虫が落ちる仕組み。

という道具を使っています。
数日後には女王の幼虫が育ち、それをもとに群を増やす『分けだし』という作業を行います。

さて、そろそろ本格的に忙しくなるぞー!

国産はちみつ 小森養蜂場

大盛況

えー……セールの通知をいたしましたところ。


大盛況です!


通常、出荷業務はユミコさん担当なのですが、大盛況のため秘密兵器のカヨコさんを投入。
ワタクシ、チグサはパソコンの前で、ひたすら伝票作成に追われております。

「ひえぇ、伝票が追いつかないぃ~」
「ありがたやー、ありがたやー」
「うわー、たくさんですねぇ」
と、三者三様の発言をしながら奮闘中。
誰がどの発言をしているか、おわかりでしょうか?
恐らく、ご想像どおりです(笑)

ちなみに親方は、出荷具合が気になるようで、
「注文は入っとるのか?」
「もう出荷作業は終わったのか?」
「まだ注文は入ってきとるのか?」
と今日も合間合間に尋ねています。

「そりゃーワタシがかわいいですから!」
と答えてみましたが……。

……すみません、蜂蜜が美味しいから、だということは重々承知しております。


セールで新しい蜂蜜との出会いになれば幸いです。

国産はちみつ 小森養蜂場

みつばちの日セール開催中

sale16.gif

なかなか記事が更新できずにすみません……。
箱の記事とか、アーモンドキャラメル?の話とか、梅とか書こうと思ってることはあるのですが、
日にちばかりが過ぎてしまっています。
気がついたら2月も終ったじゃないですか!
と一人でアワアワしているチグサです。

で。

今日からセール開催中です!
前回はフライングで開催いたしましたが、今回は3月1日から3月15日までのご注文分となります。

お買い求めはコチラで
↓↓
国産はちみつ 小森養蜂場 直売所

気になっているハチミツがありましたら、この機会にぜひお買い求めください。
お気に入りのハチミツとの出会いになれば幸いです。


小森養蜂場

2016年が明けました

rengr.gif
あけましておめでとうございます!

新たな一年を迎え、本年も美味しい蜂蜜がお届けできるようがんばりますので、
ミツバチちゃんたち共々、よろしくお願い申しあげます!

年始の営業は1月12日からとなります。
1月11日までのご注文分→1月12日から順次出荷
1月12日~1月14日のご注文分→1月14日から順次出荷

休業中のご注文は『ネットショップ』『メール』『FAX』にて承っております。
お問い合わせへの対応も1月12日より順次対応となりますのでご容赦くださいませ。



国産はちみつ 小森養蜂場






小森木工所 in 2015

お久しぶりです!
子育てとごはんに追われているチグサです。
追う方になれるのはいつのことやら(汗)
ちなみに、岐阜の方言では追い立てることや煽ることを「ぼう」と言うようです。

そんなことはさておき。
11月にミツバチたちも無事に全群岐阜へ帰還し、養蜂家の仕事はすっかり地味な仕事へと移行しております。

ぶおー、ぶおー、と外で音がするので覗いてみたら、
mRIMG0601.jpg
親方と太平さんが、何やら板を機械に通していました。
板は奥から手前に引っ張られていて、これは何をしているの?と尋ねてみたら、板の表面を削ってきれいにしているのだそう。

mRIMG0605.jpg
ザラザラだった表面が、機械を通すと……

mRIMG0606.jpg
つるつる美人です。

mRIMG0603.jpg
削られた部分は筒から飛び出て矢印の方向へ移動し、

mRIMG0595.jpg
ブルーシートの上へ落下。
後で片付けやすいように、なんですが……風で飛ばされて、左上の方にも結構飛んでますね。

mRIMG0598.jpg
板はトラック一杯。
全部削ってブルーシートの上はてんこ盛りだったんですけど撮り損ねました。

ところで、冬の仕事は巣箱とか枠とか巣礎とか、とにかく黙々とやる仕事ですが、
考えてみたら養蜂の仕事ってたいてい黙々とやる仕事な気がしなくもなく。
蜂づくり然り、採蜜しかり。
でも、春先から夏はミツバチ相手に派手に仕事をしているように思えるので不思議なもんですね。

これからこの板は、巣箱へと加工されていきます。


国産はちみつ 小森養蜂場






北海道の店じまい

さて、長いようであっという間だった、今年の北海道での生活が終わります。
と言っても、養蜂家たちは完全に蜂を引き上げるため、今月末頃ににもう一度北海道へ上がってきますが。

mRIMG0594.jpg
北海道の店舗は6月下旬までお休みです。
お問合せは岐阜の小森養蜂場へご連絡くださいませ。
合わせて、10/4より岐阜は通常営業となります。

■小森養蜂場(岐阜)
TEL/FAX 0585-32-0980
平日8:30~16:30(土日祝日は休業)

で。
私は昨日出発するはずが、急速に発達した低気圧の影響で船が欠航、みんなで今日出発することに。
考えてみたら、去年も台風の影響で、出発日が一日伸びたなぁと。

まだ海は荒れているようなので、酔いませんように……。


国産はちみつ 小森養蜂場



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。