FC2ブログ

西村柿の収穫

ネット担当だけ一足先に岐阜に戻ってきました!
養蜂家とミツバチとハチミツは一部を残して月末に戻ってくる予定です。

岐阜に戻ると待っているのが、
先発隊で帰ってきているミツバチの見回り。
秋は天敵スズメバチがミツバチを襲う季節なのです。


それから、柿の収穫も近づいてきました!

RIMG201209270124.jpg

早生品種の西村柿の収穫は既にあちこちで始まっていて、
今日も青空の元収穫しています。

RIMG201209270125.jpg

まだ北海道にいるみんなは無事に帰ってくるかな。

小森養蜂場

柿の花とバラ

柿の花にミツバチが来ているところを
撮ろう撮ろうと思っているうちに、

R0010402s.jpg

もう花が終わってました…
最初は白い花なんですが、
ハチがくると茶色っぽくなります。

R0010400s.jpg

うーん。しまった、また明日と思っていてはダメですね。
「花の命は短くて」ですね。

去年撮った写真を。

P1000550s.jpg

それから庭の裏の巣箱のとこではバラが咲いていました。

R0010409s.jpg

R0010412s.jpg

R0010406s.jpg

かわいいです。

本日も採蜜に行ってきましたが、
また書きます。

小森養蜂場

柿の摘蕾

柿の摘蕾が始まっています。

R0010091s.jpg

大きな柿を作るために、
つぼみの数を少なくします。

1つの枝に1つの柿を成らせますが、
実一つにつき、最低5枚の葉がいるそうです。
・下向きについてるもの
・葉っぱが大きいもの
を残します。

R0010094s.jpg

柿のつぼみ↑

柿がなると重みで枝が垂れ下がるので、
そのときに、下向きの実ができるよう、
想像しながら残していきます。

R0010092s.jpg

また、あまり混み合って柿同士がくっつくと、
くっついた部分がキレイに色づかないので、避けます。
あと、一番根元の実もできれば避ける。
葉が5枚ないつぼみも取る。

…難しい。

私も手伝いました。
「あーそれとってまったんかー」と怒られつつ。

簡単な枝もあるけど、判断の難しい枝もある。
あんまり混んでると、枝ごと落としてましたが、
私にその判断は無理。

R0010097s.jpg

あんまり高い枝は大変。

つぼみはプチプチと簡単に手でちぎれます。

「なんとなく大きくなりそうなやつわかるやろ~~」

…う~ん、一朝一夕にはわかりません。
それともセンスの問題か?


そういえば、梅の実が大きくなってきてました!!

R0010096s.jpg

でも、ちょっと寒い日が続いたので、
成りが悪いみたい。
確かに、花の数に比べて実が少ないかもね。

でも着実に季節は移ってるんですねぇ。

小森養蜂場
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
小森養蜂場

柿畑草刈り

ここのところようやく暖かくなってきてくれました!!

柿の葉が出始めました!

P1040669s.jpg

P1040674s.jpg

下の雑草もぐんぐん伸びてきました~
一週間で見違えるほどボーボーに…

P1040634s.jpg

ということで親方が草刈りしてます。

P1040637s.jpg

楽しそうですが、
油断すると柿の枝に頭をガーンとぶつけます。

P1040639s.jpg

さー
忙しい季節がやってきますよ!
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
小森養蜂場

強風で

昨日の強風で

P1040460s.jpg

屋根が柿畑に飛んできました。

P1040455s.jpg

おおぅ・・・
でかいのが飛んできた。

P1040456s.jpg

そして柿の木が3本ほど折れました。

P1040457s.jpg

かわいそうに;;

ニュースの中のようなことが起こってしまった~
でも人や車や家に当たらなかったのでよしとしましょう。

今日もまだ天気が悪いですが
今日は三重にハチを引き上げにいってきます!!
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
小森養蜂場

柿の木の皮削り2

柿畑に堆肥が入りました。

P1030914s.jpg

今日は防虫のために柿の木の皮むきをします、
木の皮と幹の間の暖かいところに虫が入るからです。

ちょっと前からやってましたが
(→「柿の木の皮削り」

今日は水圧で一気に削ります。

P1030917s.jpg

派手なカッパを履いているのは親方。
親方がやってくれるのを待っていました。

P1030919s.jpg

どんどん皮が削られていきます。
キイロっぽいところか削られたところです、

削る前↓
P1030920s.jpg

削り後↓
P1030921s.jpg

今日は冬が戻ってきた寒さなので、
木も寒そう。

P1030923s.jpg

高いところは大変そうです。

P1030924s.jpg

風があったので、
水しぶきが飛んで、だいぶ濡れました。

柿畑とミツバチ両輪の小森養蜂場
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
小森養蜂場

柿の木の皮削り

柿畑は今、剪定が終わって、防虫対策で木の皮を削ってます。

雪や雨の合間をぬって、
手でカリカリと削ります。

本日は雪がちらついていますが、お日様も顔を出すので、
柿畑にやってまいりました。

P1030758s.jpg

柿の木の枝の又のところは、虫が付きやすくって、
虫が暖かい木の皮の中で冬を越そうと寝てらっしゃいます。

P1030765s.jpg
こういうとこ↑

虫がいると黒くもろもろになっちゃうので、
そこを削り取ります。
ほっとくと、その部分がら枝がゴロっと折れてしまうのだそうです。

P1030762s.jpg
削ったあと↑

木はちょっと寒そうになりますが。

削ってると虫が寝ているのがみつかったりします。

P1030766s.jpg

ほら!!!

P1030767s.jpg

ぎゃー

虫によっては、手がかぶれたりしちゃうので、手袋必須です。
あと削った木の皮が目に入るので、ゴーグルとマスクも必須!

P1030770s.jpg

一本一本見て削っていくので、かなり時間がかかります。
ジェットマンで水圧で削ると楽らしいのだけど、
親方が忙しいのでやってもらえません。

こうやって、地道に削っていくと消毒の回数が減らせるのだそうです。
(クリーン農法で消毒の回数は決められているのです)

今日も午後は雪と風が強くなってきたので、終了。

柿畑に生えてる梅の木↓
P1030769s.jpg

まだつぼみは固そう。

柿畑にある巣箱では
久しぶりに元気にミツバチが出入りしてました。

P1030771s.jpg

今夜も雪らしい。
春はもう少し先かな~~?
にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
小森養蜂場

柿の剪定

柿の剪定はもう終盤です。

昨日も今日もいい天気で親方が剪定してます。

P1030705s.jpg

今年は親戚の梨農家さんに教わりながらの剪定だそうです。


親方が「わしのやり方と違う」
といいながら、作業を見ていました。

P1030703s.jpg

文句をつけているわけじゃなくて、
人が剪定しているのを見るのは好きなんだそうです。

なにしろあっちのほうがプロです。

P1030701.jpg

なにを基準に切っているのか、
私には皆目わかりません。

でも「中のほうは残しても日が当たらないから」とか、
いろいろ理由はあるようです。
当たり前ですが、適当に切ってるわけじゃないんですね~~~

P1030698s.jpg

「剪定」って剪定ばさみでチョキチョキやるだけなんだと思ってたら、
はさみはもちろんですが、
ノコギリも持って、

P1030697s.jpg

こんなのや、

P1030704s.jpg

こんなに太いところも切られてました。

切られたところを回収するにあたっては、
重くて苦労いたしました。

P1030700s.jpg

P1030699s.jpg

枝を拾い集める親方。

枝拾いだけでもいい運動に。

切った枝は、

P1030702s.jpg

その場でたき火。
煙があんまり出てないのでわかりませんが、
ゴウゴウ燃えてます。

寒空のした、
拾ってたき火まで持っていく作業で、暑いです。

さあ今年もたくさん生るといいな!!

↓クリックしてくれるとうれしいです。お願いします。
にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
小森養蜂場

今日の柿畑

今日も富有柿の収穫です。

P1020926s.jpg

毎日毎日柿ちぎり。

今日は親方も柿ちぎりに参加してます。

P1020962s.jpg

P1020964s.jpg

ちぎった柿は
まず「製品」になるものと、
「規格外」になるものに選別。

P1020977s.jpg

右側のカゴが製品で、左が規格外(ワケアリ)

P1020978s.jpg

↑こっちが製品

P1020979.jpg

↑こっちが規格外

↓これは小さすぎ

P1020981s.jpg

初夏にやる「摘蕾」がうまくできてないと、
小さいのがなります。
さては、養蜂家たちがやったとこだなー?

↓これは形がボコボコでだめ。

P1020980s.jpg

うまく受粉しないと、
種ができなくて、
お尻がへこんで形の悪い
「おへご」になってしまうんだって。
蜂屋さんの柿なのに…

ちなみに蜂箱に近い木ほど「おへご」になっちゃう。
ミツバチは出稼ぎのほうが好きらしい。
(だから採蜜用の蜂場もちょっと蜜源からはなれてます。
れんげ畑の真ん中に蜂箱おいてある写真をたまに見ますが、
あれは広告用のデモンストレーション)

↓これは黒い傷があります。
虫がついたのかな?

P1020983s.jpg

2等品としてもうれないのは、
クズとして、
おうちで消費してます。

柿を豚バラで巻いて焼くとおかずになっておいしいよ。

P1020988s.jpg

まだまだ柿ちぎりは続きそうです。

今日はがんばった!こんなに出荷が!
↓↓
P1030017s.jpg



↓来ていただいてありがとうございます。
にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
小森養蜂場

柿の収穫 小学生が校外学習にきました!

富有柿も大方色づいて、毎日収穫→出荷で忙し忙し。

P1020930s.jpg

今日は近くの小学校の子供たちが、
柿ちぎり体験しにやってきます。

夏には摘蕾作業もしにきたそうです。

この木が小学校用の木。
1クラス、60人(1クラス20人なの!??)がくるので、
足りなくならないように、
いっぱい生らせてます。

P1020923s.jpg

そんで、背も低いの。
手が届くようにね。

前は1クラスだけだったけど、
授業やってくれる柿農家さんが減ってしまったので、
ここで3クラスも持つみたい。

P1020954s.jpg

さてさて、
歩いてやってきました!!

P1020959s.jpg

「小森さんの柿畑です、前来たのは夏でしたねー」
と先生のお話。

みんなで一斉に柿ちぎりはできないので、
柿ちぎるクラスと
柿の絵をかくクラスと
ちぎってるところを見学するクラスに分かれて順番に。

P1020965s.jpg

ちゃんと並んで柿畑入っていきます。

P1020966s.jpg

そしてカヨコさんと親方がちぎってるところを見学してます。

P1020971s.jpg

こっちでは柿ちぎり、

P1020972s.jpg

1人1個か、2個ちぎるだけだけど、
それでも楽しいみたいでよかった。
やっぱ自分でとるのはうれしいよね。

「柿ちぎりすげー楽しかった!」
「大きいのとった!」

と楽しげに話してくれました。

P1030013s.jpg

最後にもう一度集まって、
質問タイム。
みんなしっかり手を挙げてくれてます。
どんな種類があるか、とか、
答えてもらったことをみんな必死にメモしてました。

P1020984s.jpg

なんだか、のどか…

さて、みんなが帰って、
ほっと一息。
お茶にしますか。

P1030015s.jpg


↓来ていただいてありがとうございます。
にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
小森養蜂場