FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王台くっつけ

もうすぐ、「わけだし」の季節なので、その準備をしています。
「わけだし」とはミツバチの群を増やす作業のことです。

RIMG0396s.jpg

去年の様子
→2012.03.04「王椀とりつけ
→2012.04.09「移虫(いちゅう)
→2012.04.17「分け出し~ミツバチの増やし方~

よく知られたことですが、
1つのミツバチの群(1つの巣箱)の中には1匹の女王蜂とたくさんの働き蜂がいます。
言い方を変えると、1匹の女王蜂が1つの群(1つの巣箱)を作っています。

つまり、群を増やそうと思えば、
女王蜂を増やせばいいわけです。

どうやって増やすかというと。
女王蜂は巣の中でも特別な場所、「王台(おうだい)」に産まれます。
王台に産まれたハチはローヤルゼリーを与え育てられ、やがて女王になります。
なので、この王台を人工的につくって、巣の中にいれておくと、
ミツバチたちが女王に育ててくれるのです。

というわけで、その人工王台をつくっています。

写真手前左側にあるオレンジのものは、女王の部屋(王台)になる「王椀(おうわん)」
その右側の液体はぐらぐら沸いてるミツロウです。

RIMG0395s.jpg

↓王椀はプラスチックの小さなコップ型。
コップの底に溶けたミツロウをちょこっとつけて、

RIMG0414s.jpg

↓木の枠に置けば、ミツロウが固まってくっつきます。
完成。

RIMG0418s.jpg

さて、このオレンジのコップ、
普通の巣房(あの六角形の部屋ね)とどう違うのでしょう。

まずは、大きさ、
普通の部屋より少し大きめ。

RIMG0403s.jpg

そして重要なのは向き!
王台は、なんと下向きに作られるのです。

普通の部屋はご存じのとおり、地面と水平ですが、
王台は地面と垂直、部屋の出口が下向いてます。

下からのぞくとこんな感じ。↓

RIMG0406s.jpg

去年も同じこと書いてますが、
下向いてて落ちないんかね?

ここに、一匹ずつ幼虫をいれて女王に育ててもらいます!
同じミツバチなのに、生まれた場所で育てられ方が違い、
女王になるか、働き蜂になるかが分かれるなんて。
人間みたい。
今日も働きながら考えるのでした。

小森養蜂場

花粉団子づくり

今年も花粉団子を作ってます。

花粉団子についてはコチラをどうぞ
→「花粉代用パテづくり 2012.02.10

RIMG0346s.jpg


今年も「こねたろう」でミツバチ用の餌と水を混ぜて、

RIMG0343s.jpg

プラスチックのパックに適量いれて、

RIMG0344s.jpg

サランラップで巻きます。

試行錯誤の結果、昨年からこの形に落ち着きました。

RIMG0341s.jpg

花が咲きだしたので、
ミツバチの餌やりももう終わりでしょうか。

今日は寒くて、風も強く、朝は遠くから雪が飛んできてました。
三寒四温とはいえ、温度差ありすぎですね。
お体お大事に!
私は花粉でやられてます。

小森養蜂場

巣箱洗い

ミツバチの出荷が続いています。

ハウスの花粉交配用のミツバチで、
直接農家さんに行くのではなくて、問屋さんに出荷しています。
(直接貸し出している場合もありますが)

問屋さんの巣箱に中身のミツバチだけ納めるので、
巣箱が空いてきますので、
毎日のように洗っています。

RIMG0016s_20130218155610.jpg

今日は雪から変わった冷たい雨の中。

RIMG0018s_20130218155609.jpg

ジェットマンで洗ってます。
ベショベショになるのでカッパは晴れでも着ています。

でも箱洗いは夏の方が大変なんです~
もくもくの湯気でカッパの中はサウナになってしまうのです。

洗った箱は乾かして当然また使います!

小森養蜂場

箱作り

新年あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

世間から一歩遅れて、小森養蜂場も仕事初めを迎えました。

といっても、特別なことは何もなく…

12月に引き続き、巣箱や巣枠を作っています。

今日はみんなで巣箱をつくってました。

まずは、板を切るところから、

RIMG0004s_20130111153805.jpg

親方が板をひたすら切っています。
寒いので1月から毛糸の帽子を被るようになりました。

RIMG0001s_20130111153827.jpg

そして毛糸の帽子は木屑まみれ…

倉庫のおくでは、
みんなで箱の組み立てです。

RIMG0002s_20130111153826.jpg

一番奥では、板の穴をふさいでます。
「ふし」があるところで、穴が開いてたり、開きそうなところは、
金属の板でふさいでおきます。

RIMG0011s_20130111153804.jpg

こんなふうに↓
ハチが漏れると移動のときとか大変です。

RIMG0012s_20130111153803.jpg

そして、箱にしていきます。

RIMG0013s_20130111153803.jpg

当然ながら、一つづつ、
トンカチで。

RIMG0014s_20130111153801.jpg

つるんとした、プレーンな四角い枠になりました。

RIMG0007s_20130111153729.jpg

いえいえ、よく見えると、
巣板をひっかけるために、内側に段差がついています。

RIMG0007s2.jpg

最後は外側!

RIMG0008s_20130111153727.jpg

巣箱を重ねたりするために、外側に板をうちます。
ちゃんと測ってみんな同じ大きさの、同じ箱にします。

RIMG0010s_20130111153724.jpg

そして完成!!

これは、継箱(つぎばこ)という、何段か積み上げて使う巣箱の、上の部分です。
(移動の場合は2~3段ですが、定置でやってる方は、5段6段と積むようですね)

R0010032s2_20130111155501.jpg

今はまだ真っ白ですが、
防腐剤ぬって、使っていくうちにこんな味のある色になります。

ところで、新しく出会った方に職業を聞かれ、答えると、
みなさん同じ質問をなさるので、同じ会話をします。

「ミツバチを飼ってハチミツをとってます」
「えっ!? …刺されないんですか??」
「そりゃー、刺されます!」
「えぇっ!?痛くないんですか??」
「もちろん、痛いです!」
「えええー!?」

もし刺されたら、という会話もよくなりますが、
刺されっぱなしで無処置なので、アドバイスできず、、、
「病院行った方がきっといいよ」

刺され慣れると、次第に腫れも痒みもなくなりますが、
刺された時の痛みは同じ。
がまんのみです。

ちなみに、私はかゆくなったらひたすら冷やして、
ムヒのいちばん強いやつをぬってます。
効果はわかりません。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
小森養蜂場





冬は枠打ち

大野町周辺は予想外に早く雪が降ってしまったので、
ミツバチの三重への移動が遅れてちょっとバタバタしてます。
小森養蜂場です。

さて、お天気の悪い日は枠打ちや、ミツバチの巣箱を作っています。
養蜂仕事 枠打ち
養蜂作業 枠打ち2 ~巣枠の作り方~
巣枠作り ワイヤー張り

今年もたくさん板を買いましたー

RIMG0002s_20121221130712.jpg

親方が延々切りだしました。

RIMG0003s_20121221130717.jpg


切り出した端っこは薪ストーブの焚き付け用に

RIMG0005s_20121221130713.jpg


フシミさんは枠打ちです。
トンカチの音がいいリズムです。

RIMG0006s_20121221130715.jpg

こちらではできた枠にワイヤーを張っています。
ワイヤーがゆるいと採蜜の時に崩れちゃったりするので
しっかり張ります!

RIMG0008s_20121221130715.jpg

さー明日三重まで蜂をもっていけば、
お正月休みに入ります!

普通のところよりも長めにお休みをいただきますが、
夏はお盆どころか日曜も返上で休みなく働いたみんななので、
ふゆはゆっくり休みます~

あとのイベントは、
年賀状の宛名書きと……
年末の餅つきです!

※年末年始休業のお知らせ※
勝手ながら年末年始は下記のように休業させていただきます。
休業期間 : 2012年12月24日(月)~2013年1月10日(木)
ただし、23日(日)は営業、30日(日)は出荷業務のみ行います。
ネットショップトップページ左側にある営業カレンダーをご覧ください。
12月22日以降のご注文は、1月11日より順次出荷させていただきます。


小森養蜂場

蜜巣の重さ

すっかり冬が来たようです。

RIMG0007s_20121204152444.jpg

けやきもすっかりはだかになりました。
(どれだけ落ち葉を掃いたことか…)

最近柿のことしか書いておりませんでしたが、
ミツバチたちも元気にしております。

急に冷え込んできたので、ちょっと動きが悪く、ドキドキしていますが、、、
三重県で越冬させる準備をしています。

今日は蜜巣の整理をしていました。

RIMG0001s.jpg

蜜巣(みつす)というのは、文字通り、
ハチミツが入った巣のことです。

トラックに積まれているのは採蜜群(さいみつぐん:ハチミツを採るように仕立てた群)
から採った蜜巣です。
これらは採蜜はしないで、ミツバチの餌として使うために保存しておきます。

RIMG0004s.jpg

↑上の写真は、小森養蜂場では「大」とよばれる蜜巣。
一面にびっちり蜜入りです!

↓そして下が「中」
半分ぐらいはいってますかね?

RIMG0005s.jpg

大きさ別に分けて保存。
ずいぶん重たそうなので、重さを量ってみました。

RIMG0002s.jpg

な、なんと3キロ!

RIMG0003s.jpg

これが9枚入れられた箱は、30キロ弱あるということか。。。
そりゃ重いはずだ~

そして夏は私もこんな蜜巣の採蜜(マロニエの採蜜のときです!)をしたなぁ、
と思い出します。
腕に筋肉つくわけです。

小森養蜂場

全部のミツバチが帰還!それから収穫祭!

北海道から全部のミツバチが戻ってきました!

トラックで戻ってきたミツバチをおろすのは朝。
朝6時30分ごろからお手伝いの人が集まり始めました。

RIMG0151s.jpg

朝は、さ、寒い。。。
7時ころ小森家を出発して、蜂場についたら大型トラックがやってきました!

RIMG0155s_20121105125840.jpg

トラックに載っているのはぜーーーーーーんぶミツバチです!

RIMG0164s_20121105130844.jpg

本日は大型トラック2台分!

これを一つずつ、人の手で下します。
(当然積み込みも人の手で一つずつやったんですよ)

RIMG0167s.jpg

トラックの一番上から降ろすのは大変!!
ミツバチがたくさん入った巣箱ですから重いんですよ。

RIMG0169s.jpg

大型トラックは荷台が高いので、普通のトラックに下すと背負いやすい。

RIMG0182s.jpg

重いミツバチの巣箱はかかえるのではなく「背負う」のが基本。
これが一番運びやすいです。

RIMG0181s.jpg

ひとつずつ、ひとつずつ、
みんなで運びます。

RIMG0180s.jpg

エッサ、ホイサ、

基本的にみんな重たい巣箱ですが、
やっぱりミツバチの多さとかの中身の違いで重みにばらつきがあって、
「うっ、これは特に重いぞ」つぶやきつつ、
しかし「これ重いわー」というつぶやきはしょっちゅう聞きますが、
「あ、これは割とかるい!」という声はたまーーーーーーにしか聞こえてきません。

RIMG0183s.jpg

↑親方だって背負います。
手前の明るい青いツナギが親方。

RIMG0188s.jpg

親戚、近所の人、ハチミツ屋さん、同業の蜂屋さん、
たくさん手伝っていただけるのではやーい!
みるみるトラックが軽くなっていきます。

RIMG0195s.jpg

そして、秋の蜂場にずらーーーーーっと巣箱が並びます。

RIMG0193s.jpg

寒くかった体も温まって帰ると、
家では宴会がまっています!!

毎年恒例のお疲れ様会があるのです。


RIMG0198s.jpg

じゃ、じゃーん!
これは!アユ!!

RIMG0200s.jpg

子持ちででかい!炭火でおいしい!!
毎年用意してくださる方がいて、
アユ目当てにくるかたも!

RIMG0204s.jpg

それからバーベキュー!

RIMG0205s.jpg

実はまだ朝の10時前なんですが。

それから、毎年定番は、
北海道土産のジンギスカン!

RIMG0206s.jpg

かに!!!

DCIM0026s.jpg

↑こっちでは誰かが持ってきた鯛をさばいてます!

DCIM0030s.jpg

身がブリブリでおいしい!

RIMG0209s.jpg

アユも焼けました~

DCIM0032s.jpg

人がたくさん集まって、
みんなでお外で食べるのは本当においしいし、楽しいですね。

今年も無事に事故なく北海道から帰ってこられたことへの感謝と、
今年も少なくてもちゃんとハチミツが採れたことへの感謝と、
今年もいろいろな場面で手伝ってくれたみなさんへの感謝の収穫祭でした。

小森養蜂場

スソはり

夏の採蜜も終わり、山に上げてたミツバチも平地に下げおわり、
忙しさが少し落ち着いた感じの小森養蜂場です。

今日は倉庫での「すそはり」を手伝ってきました。

「スソ」とは、ミツバチの巣の基礎となる蜜ろうシートのことです。
蜜ろうとは、ミツバチがおなかから分泌する天然のロウ(蝋)。
ミツバチの巣はミツバチが自分で分泌したロウで作ってあるんです。

他の虫や動物を見渡しても、巣の材料はどっかから集めたり、
すでにある何かを利用したりすることが多いように感じますが、
ミツバチは巣の材料も自分で作っちゃうんだからすごい!

・・・話がそれましたが、
これがスソ↓(蜜ろうシート)です。
スソはさすがにつくれないので買ってきます。

RIMG201208210001s.jpg

(このまま芯のぐるぐる巻くとろうそくになります。)
隣同士くっついてしまうので、一枚一枚薄い紙が挟んであります。

RIMG201208210003s.jpg

まずはこの紙を取り除く作業から。

100枚でひと山にしろと言われましたが、
・・・すでに飽きてきた。

RIMG201208210004s.jpg

端っこがひっついてつぶれてるる!↓
RIMG201208210005s.jpg
破れないように慎重にはがします・・・

はがし終わったら、ここからが本番!

RIMG201208210011s.jpg

上の写真左下にあるのがワイヤーを張った巣枠。
この巣枠にスソを貼り付けます。
(巣枠は冬などに作ったものです
枠打ち2 ~巣枠の作り方~
巣枠作り ワイヤー張り

RIMG201208210016s.jpg

↑この、いつから使ってるのかわからない道具で、
ワイヤーに電気を流して、熱し、その部分の蜜ろうを溶かして、
ワイヤーをシートに埋め込みます。

RIMG201208210013s.jpg

↑巣枠の溝に、スソをはめ込んで、

RIMG201208210014s.jpg

ワイヤーに電気を流します。
シートは薄いので、溶かしすぎると切れてしまいます。
切れると使い物にならないので注意!
浅すぎても剥がれてきちゃうのでダメ!
うーん。ナカナカ加減が難しいぞ。

ワタクシ、1年ぶりの作業でカンを取り戻すのにちょっと時間が。

はい、去年もスソはりしてます。
2011.09.02スソはり

去年だけじゃなく、その前の年もその前の年も、
毎年毎年おんなじ仕事をしております。

そしてずーっと使われてきたこれ↓

RIMG201208210017s.jpg

こういうシンプルな道具は壊れないし、
壊れてもすぐ直せるところがいいですね。

RIMG201208210019s.jpg

右手前が出来上がった巣枠。
その他大勢がまだのやつ・・・・
たぶん今年全部使うんじゃないのよ、きっとそうよ。

小森養蜂場

分けだし

毎日採蜜しているわけではありません。

岐阜でイチゴや、柿の花粉交配用ミツバチを貸し出していたように、
北海道ではカボチャの蜂をだしていたりします。

本日は朝から分けだし。
(分けだし、割り出しとは?→分けだし

朝6時に出発~
今日はちょっと曇ってて寒い!

P2012_0705_064832.jpg

実はカメラを修理に出しているので、
写真は私の(ふるーーーい)ケータイカメラで撮ってます。

↓ピントが奥にきてますが、とりたいのは手前です。

P2012_0705_065014.jpg

さて、この王台を引っ付けます。
私だけは手袋可。
「今日は曇ってて寒いからちょっと蜂がおこるかもしらん
ビニール(の手袋)にしなさい」
と親方が言ったのでキッチンで使うゴム手袋してます。
これだとミツバチの針が(あまり)通らないので、刺されません。
でも一度刺されると手袋に匂いがついて、
他のミツバチも刺しやすくなるので大変なことに。

P2012_0705_064907.jpg

幸い今日は刺されませんでした。
(でも昨日は刺されました。)

P2012_0705_065214.jpg

はーい、ちょいとくっつけて終わりです。
日がさして暖かくなってきました。
2時間ほどで作業終了。

私はお昼ごはんの準備のため解放されました。

さー、明日も分け出しします。

北海道に来て、みんな少しずつ疲れが出てきたみたい。
もう少しすると体が慣れるのですが、最初はつらい。
夜の9時には真っ暗になる小森家です。

小森養蜂場

北海道への移動1

ついに今年も北海道へ移動する日がやってきました。

ハチの数が多いので、何回かにわけて移動します。

昨日は第一号でした。

ミツバチの移動はトラックです。
ミツバチの巣箱をトラックに積み込むのは、
人の手で一つづつするしかないので、
積み込みの日は人手が必要。

R0010489.jpg

近所の同業の蜂屋さん、
蜂蜜を卸している蜂蜜屋さん、
普段はミツバチと何にも関係ない仕事をしているご近所親戚、
みんな手伝いにきてくれます。

R0010486s.jpg

この巣箱たちをトラックに積み込みます。
トラックの大きさに合わせて、
載せる数をぴったり調節して準備あります!

R0010500s.jpg

ミツバチは「今日移動だよ」と言ってきいてくれるわけではないので、
積み込みを始めるのはミツバチが夕方巣箱に戻ってきてから、
昨日はいいお天気だったので、19時過ぎから作業開始です。

巣の入り口を閉めて、

R0010526s.jpg

いつもは↑こうなっている窓を、

R0010527s.jpg

↑下げて、空気が入るようにします。

明日の日中はみんなまだトラックの荷台で揺られてて、外にでられません。
こうしないと、巣箱の中が暑くなりすぎて、ミツバチが死んでしまうのです。

R0010507s.jpg

重い巣箱を人海戦術でなんとかトラックに!

R0010533s.jpg

あたりは真っ暗です。
トラックの上に乗っている白い人は親方!

R0010547s.jpg

崩れないようにしっかり縛って、

R0010540s.jpg

上に氷屋さんで買ってきたでっかい氷を配置。
できるだけ温度が上がらないように、
運転手さんにも日中はできるだけ止まらずに走ってもらったり(風が入るように)
ガソリンスタンドで水をかけてもらったり(でもあっついお昼にかけると逆に蒸殺しちゃうらしい!)
何かと気を使ってもらうのです。

全部積み終わって、家戻ってきたのは9時過ぎ。

R0010551s.jpg

女性陣で用意したご飯を振舞います。
みなさまお疲れ様!

でも、もちろんこれで終わりではなくて、
北海道でトラックから降ろす作業があるんです。
今回はは向こうの蜂屋さんたちが手伝ってくれます。
ありがたや。

天気予報とにらめっこしつつ、
トラックやフェリーを手配しつつ、
採蜜して、移動の準備をして、
他の蜂屋さんの積み込みの手伝いに行って、
なかなかハードなこのごろです。
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
小森養蜂場
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。