FC2ブログ

秋の蜜の採蜜

山から平地に下げてきた夏の採蜜群が秋蜜を集めてきてるので、それを採蜜しています。
(採蜜群 さいみつぐん:ハチミツを採るように仕立てたミツバチの群です。
他にも花粉交配用とかあります。)

蜜が入った巣だけを引き上げてきて、
倉庫内で採蜜してます。
夏は早朝に出かけて行って、現地で採蜜しなきゃいけないので、
まぁ幾分か楽ちんです。
どうして夏と違うのか、私ははっきりと理由がわかっていませんが
(面目ない)岐阜に帰る準備とかもあるんだと思いますが、、、
とにかく手伝ってきました。

今から採蜜するやつ↓

20120912001s.jpg

日差しがないのはいいですが、
外からミツバチが入ってくるのを防ぐため(花の蜜じゃなくてハチミツを食べにきちゃう)
倉庫のドアも窓も締切。
夏のバドミントン部の気分です。
むしっと暑い…風がないのでハード。
涼しいときにやれればいいんですがね。
この日は暑かったので、親方も「外のほうがええなぁ」と。

20120912002s.jpg

いつもの巣板(すいた)より短い
半丈(はんたけ)と呼ばれる小さな巣板が仕掛けてあります。↓
採れる蜜が少ないからだって。

20120912016s.jpg

真ん中の巣礎(すそ)がプラスチックです。↑
ニュージーランドとかではこのタイプが使われてるようです。
あちらは大規模な養蜂場で、でっかいハチミツ分離機でハチミツをとってるので、
プラスチックだと高速で回転させても壊れなくて丈夫です。

さて、蜜蓋(みつぶた)がっちりです!!↓
これぞ「完熟蜜」って感じですね~
(みつぶたって?こちらを参照 ハチミツが採れるまで

20120912024s.jpg

蜜蓋を切ってみると
じゃーん。

20120912021s.jpg

今たくさん花をつけているのは皆さんもみたことあるであろう、
セイタカアワダチソウ。たぶんこれの蜜が多く入っています。
これは黄色い蜜が採れて、キク科らしい、ちょっと独特の匂いがします。

ところどころ色が褐色の巣の穴には赤っぽい蜜が入っているから!
イタドリか?とのことでした。

セイタカアワダチソウはこんな花です↓
見たことあるでしょ?

20120912005s.jpg

花粉症の!っとお思いの方、
たぶん違います。

それは「ブタクサ」
ブタクサは風媒花(ふうばいか)で風で花粉を飛ばすので、
たくさん花粉をまき散らし、花粉症の原因になっていますが、
セイタカアワダチソウは、ご覧のとおり、
ミツバチなどの虫がやってきて花粉を運ぶ虫媒花(ちゅうばいか)です。
やたらめったら花粉を飛ばしませんのでご安心を。

20120912023s.jpg

さて、ちょっと味見味見♪
んんん!おいしい!クセもなくって、おいしいではないですか!!
この蜜は岐阜に持って帰って「百花蜜」の中に混ぜられますよ~。

20120912006s.jpg

外ではせっせとミツバチちゃんが働いています。
セイタカアワダチソウ、よく見ると花もかわいいでしょ?

20120912004s.jpg

さてさて、岐阜に帰るのももう少しです!

20120912015s.jpg

おうちが懐かしいし、友達にも会いたいし、
北海道もいいとこだけど、早く帰りたいよ~~~~~~

小森養蜂場
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

いつもブログとても楽しみにしています。
岐阜には、いつお帰りですか???

Re: タイトルなし

うれしいコメントありがとうございます。
私は一足先に一人で今週末に帰りますが、
みんなが帰ってくるのは9月末。
また北海道に戻ってすべての蜂が戻るのは11月頭です。

北海道で採れたハチミツは10月に入れば販売できると思います><

そうなんですね。移動も大家族の引越しよりも大変そう…お気をつけてヾ(≧∇≦)

Re: タイトルなし

そうなんです!ハチの移動は大変です!
トラックが長い間止まると暑くてハチが死んじゃうので、休憩もそこそこに走りっぱなしなんです!><
(走ってると風が入るので大丈夫)
涼しそうな日を選んで帰るようにはするんですけどね。
でも北海道に行くときの方が大変なので秋は楽な方です。