巣礎はり

商品のラベルが変わりました!
なんだか最初は見慣れなかったのですが、じわじわと愛着がわいてきています。

webショップの方はセール前から、あーでもないこーでもないと、ちくちくやっていた作業がやっと日の目をみています(笑)

mDSC_0480.jpg
今日は、午後からはお天気も良く、ドウダンにミツバチが。
ぶら下がっている姿はかわいいですねー。

さて、先日から、巣礎はり(スソはり)がスタートしています。

mDSC_0465.jpg
スソとは、ミツバチが巣を作る基礎にさせるロウの板で、

mDSC_0466.jpg
こちらの巣枠(すわく)に組み合わせて

mDSC_0469.jpg
埋線器を使って貼っていきます。
カヨコさんは上手で速い!

mDSC_0468.jpg
この埋線器、ぴょこっと出ている金具部分があるのですが、

mDSC_04682.jpg
丸で囲っているところが、巣枠の針金部分にくっつくと針金があったまって、巣礎を溶かしてくっつける、という仕組みです。
なので、あっためすぎると溶けすぎになって破れます!
ちなみに、チグサは「適材適所」という言葉のもとに、この仕事はやっておりません……。

mDSC_0475.jpg
上手に針金が入るとこんな感じ。

ここから先はミツバチが、巣礎をもとに巣を作り、
P1010366s.jpg
このように枠に合わせた形に仕上がります。


国産純粋はちみつ 小森養蜂場

スポンサーサイト