岐阜県農業フェスティバルに出店いたします!

現在、小森養蜂場では蜂たちが順番に岐阜に帰って行っております。
そろそろ本州も秋模様、でしょうか。
例年通り「本州での暑い夏」を迎えないまま、なので
「秋が来るよ」「越冬の準備を始めてるよ」と言われても、ピンときておりません。

さて、今年も岐阜県農業フェスティバルに出店いたします!
nougyousai.gif

→岐阜県のホームページ
http://www.pref.gifu.lg.jp/sangyo-koyo/nogyo/event/nogyo-festival/

試食もご用意しております。
味比べ、色比べ、養蜂家とお話しができる機会ですので、ぜひお越しくださいませ。

残念ながら昨年は台風で中止となりましたが、今年は無事に開催されますように!!
祈るしかできないのが何とももどかしいところですね。

出店するブースの位置は、解り次第お伝えしたいと思っていますが、直前になるかもしれません。
ご了承くださいませ。


話は変わりまして。
ブログにコメントをいただいたり、メッセージをいただいたり、ご要望もいただきました。
何か言っていただけることは嬉しいことなんだなぁと、喜んでいます。

で。
頂きました、メッセージの中に蜜蓋(みつぶた)いっぱいの巣が見てみたい、というお話がありまして。
mR0010477.jpg
蜜蓋いっぱいの巣、こんな感じです。
こういう巣がたくさんだと、うれしい反面、悲鳴も上がります。

何せ、重い!!

蜜蓋を切る係で手伝う人は、一枚ずつですが、養蜂家はこれが9枚くらい入った箱を
蜜蓋を切る場所まで運ぶ必要があるので、相当重いわけです。
体力のない私は、箱から一枚引っこ抜くだけでもヒーヒー言ってましたが……。
筋肉痛が翌日来るだけでもまだ救いです(苦笑)

中にはこういう巣もあります。
mR0010475.jpgmR00104752.jpg
蜜と働き蜂(雌だけが働きます)、ちょこっと雄蜂(ゆうほう)のサナギがいますね。
雄蜂のお仕事は、結婚飛行のみ。
普段はぷらーっと外に出たり、巣の中をうろうろしたり。
でも、子孫を残すために大事な役目を担っている蜂です。

RIMG1399s_20140930121103b76.jpgRIMG1399s3.jpg
こちらは王台(おうだい:女王蜂が入っている巣)がありますね。
小さいころからローヤルゼリーを食べた雌のみが女王になります。

ところどころ穴が開いているところにはこんな風に、何もなかったり、花粉があったり蜜があったりします。
mR00101812.jpg

女王蜂と雄蜂が産み付けられる巣の大きさは他と違うのですが、
働き蜂と花粉、蜜が入る巣というのは同じ大きさなんですよね。
どうやって
「ここに花粉入れるよ」
「ここは子供産んでね」
「ここは蜜ためるよ」
と決めてるのかな、と不思議に思ってみたり。

大体、蜜は上の方、子供は下の方に産み付けられるようですが。
お話できるなら、ミツバチちゃんたちにインタビューしてみたいものです。

国産蜂蜜 小森養蜂場
スポンサーサイト

ミツバチと久々のご対面

長らくご無沙汰しております、になりました。
小森養蜂場のチグサです。

なかなか現場に行けてなくて写真が取れず、だったのですが。
mRIMG0194.jpg
9/1の夕方、現場からお家にみつばちが帰ってきました。
箱の外にモリモリしている姿をみて、ひさしぶりー、と思いながらパチリ。

これから岐阜に移動するために、一度帰ってきただけなのですぐサヨナラだったんですが。
なんといっても、
mRIMG0190.jpg
トラックに蜂の巣箱がたくさん載っているのは壮観!

mRIMG0191.jpg
タヘイさんが上でロープのチェックをしているのを見ながら、私もあそこに登りたいなぁと。

「ナントカと煙は高いところに登りたがる」と言いますが。

そのナントカな私、今回の群数を聞いたんですけどすっぽ抜け。
写真に写ってる数を計算したら、たぶん240くらいじゃないかと思われます。
今回のドライバーはフシミさんで、無事岐阜に着いたと連絡があってホッとしました。

そういえば「一群くらい、自分のが欲しいなぁ」と親方に言ったら「ダメ」と言われてしまいました。
世話をし切れず残念な結果になるのがオチ、だそうです。

さて、前回の記事の「ミコさん」の由来ですが。
何のひねりもなく、「未交尾」のことだそうです。
そっかー……とちょっと特別な意味があるんじゃないかと期待してたので、一人でしょんぼりしてました。

何はともあれ、ミツバチたちが元気に働いてくれるのが一番です。

国産蜂蜜 小森養蜂場