冬越し準備 ミツバチの整理

ミツバチを冬越しさせるために、
整理しているというので、
蜂場についていきました。

P1030301s.jpg

朝の山の中をずんずん行きます。
写真はさわやかですが、
道はガッタガタだし、寒いし。

P1030225s.jpg

寒い中巣箱を開けるので、
ミツバチがあったかい人間のところに這ってくるということで、
いつもより重装備。

ジャケットと帽子が一体型の面布(メンプ)をかぶってます。

P1030232s.jpg

2段になっている巣箱の上側を

P1030233s.jpg

どっこいしょ。

P1030234s.jpg

どかしまして、

P1030237s.jpg

ハチの数をみて、
蜜が入った巣の板の数を調節して、
1段にするんだそうです。

P1030228s.jpg

順番待ちの巣箱たち。

P1030229s.jpg

半分になった巣箱たち。

P1030281s.jpg

寒いから、
ミツバチが固まりになって、
帽子にとまってます。

P1030282s.jpg

みんな帽子やら、背中やらに
ペットつけて仕事してます。

P1030295s.jpg


P1030279s.jpg

はーえらい目にあった~~

と言ってるようです。

この後、
ハチたちは岐阜よりもうちょっと暖かい三重県へ移動します。
無事に冬越しできるといいね。


↓クリックしてくれるとうれしいです。お願いします。
にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
小森養蜂場
スポンサーサイト

ミツバチ供養祭

岐阜県では毎年11月23日にミツバチの供養祭を行っています。

「蜜蜂の碑」があるのでそこで。

蜜蜂の碑とは、岐阜県出身で日本に近代養蜂技術を取り入れた
渡辺先生にちなんだ碑で、
長良川の川岸にあります。
その昔は病気にかかったミツバチを、
泣く泣く近くの河原で燃やしていたそうで
この場所に建てられたとのことでした。

P1030201s.jpg


近代養蜂発祥の地をトし、
供せて蜜蜂の勤務、平和、
友愛の精神を讃え、
ここにこれを建てる。
昭和三十五年十一月二十三日
岐阜県養蜂組合連合会
蜜蜂の碑建立委員会

蜜蜂の碑より。



昭和35年11月23日にミツバチの碑が建立されたということで、
昭和35年以来、半世紀以上、
毎年この日に供養祭を行っているようです。

岐阜県内の養蜂家さん、
養蜂組合の会長と事務局長
県内の蜂蜜屋さん、
養蜂資材の会社の方、
それから岐阜県の畜産課の方、

などなどミツバチ関係者が集まりました。

P1030202s.jpg

近くの神社の神主さんがきて、
あの、なんていうのでしょう?
言葉を読み上げてくださいました。

P1030205s.jpg

そのあと順番に玉串奉奠をしました。

ミツバチさんたち、
今年もありがとうございました。


↓クリックしてくれるとうれしいです。お願いします。
にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
小森養蜂場

巣の掃除

午前中はみんな蜂場(ほうじょう)に出かけていないですが、

午後はみんな倉庫で仕事してました。

P1030198s.jpg

倉庫の1階では、
巣の板の掃除をしてました。
キレイにしないとね。

P1030187s.jpg


P1030200s.jpg

↑こういう板の外につくられた巣とかを、カリカリ落とします。

P1030190s.jpg

カリカリ

P1030188s.jpg

はい、きれいになりました。


倉庫の2階では、
巣枠にワイヤーを張っていました。

P1030196s.jpg

ワイヤー張りは、今度私もやらせてもらわないと!!


↓クリックしてくれるとうれしいです。お願いします。
にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
小森養蜂場

皇帝ダリア

小森養蜂場の畑の片隅でひときわ背が高く目立つのは

P1030148s.jpg

皇帝ダリア

一株だけあります。
2.5mくらいあるかな?

P1030121s.jpg

今年はネットで挿し木の仕方を調べたので
挿し木に挑戦して、来年はもっと増える予定。

青空に花が映える!

P1030119s.jpg

背が高くて写真が撮れない。。。

ミツバチも来てました!

P1030146s.jpg

最近養蜂仕事のことを書いてないけど、
養蜂家たちは今日もちゃんと仕事しています。

今度私もエサやりに連れて行ってもらわなくっちゃ。

P1030155s.jpg

ミツバチが売られていって、
減ってきたので親方はさみしがってます。
売れなきゃ困るが、
いないとさみしいと言っとります。


クリックおねがいいたします。↓
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
小森養蜂場

玉ねぎの苗の植え付け

昼間お日様の下は暖かいですが、
朝はすっかり寒くなってきました。
小森養蜂場の畑ではタマネギの苗を植えつけています。


1週間くらい前、畑にマルチをはりました。

P1030065s.jpg

この日は曇ってた。

P1030068s.jpg

そして、時間を見ては、
苗を植えています。

今日も親方が朝から植えていました。

P1030112s.jpg

これが玉ねぎの苗
マルチをはった畝のすぐ横に生えてます。

P1030118s.jpg

ここから苗を抜いて、
なんだかもっと優しく抜くのかと思ったら、
結構ブチブチと根がキレる音が。

P1030113s.jpg

私も抜いてみました。
そしてはさみで根っこを2cmくらいの長さに切って、

マルチに開けた穴に植えていきます。

P1030115s.jpg

「中はあったかいから、根がもう一回はるんやー」
「こうしとけばまた来年の春玉ねぎが食べられる」
「不思議や-」
といいながら植えていく親方。

P1030117.jpg

昨日、おとといに植えた苗はしおっと萎れてます。
「一週間くらいたつと根が活着してピンとたってくる(はず)」
とのことでした。
まだ活着してないから植えたてはシオシオなんだって。
不思議だー

私の植えたとこだけタマネギにならんかったらどうしよう?
と不安を抱きつつ植えました。
でも30分くらいやったら私は飽きてしまいました。

来年もちゃんと食べられるかなー


クリックおねがいいたします。↓
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
小森養蜂場

ジンギスカン

富有柿の収穫で忙しい時期のお昼は、

ジンギスカン♪

P1030080s.jpg


北海道で買って、
ミツバチと一緒に持って帰ってきたやつです
準備が簡単でいいねー

P1030082s.jpg

解凍した分のお肉はたべなさいよー

P1030083s.jpg


それから、
いいかげん寒いので、
ファンヒーターをだします。

結構古いらしい。
「30分動くと止まってしまう」
というので、

P1030084s.jpg

分解して掃除。
あ-あ、そんなことしたら
ネジが余るに決まっとるんや、
ブログに書いたらメーカーに怒られるんや、

P1030085s.jpg

案の定ネジが余ったけど、
ホコリを取ったらちゃんと動くようになりました。
しばらくは「燃えだしてもすぐ外に出せるように」
窓のカギを開けておきましたが、
何事も起らず無事作動してます。

今年もよろしく。
こういうのをエコっていうんだな。


クリックおねがいいたします。↓
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
小森養蜂場

干し柿づくり

渋柿をたくさんちぎってきました。

P1030045s.jpg

このカゴに2杯半くらい。

というわけで、
本日は干し柿を作るために、
渋柿むき。

P1030024s.jpg

ピーラーとナイフを用意して、
好きなほうでむきなさい。

P1030026s.jpg

ヘタの付近もきれいにむいて、

P1030028s.jpg

できあがり。
最後にひもに引っ掛けるために、
枝をちょっとつけたままちぎってあります。

だから柿の木には結構負担になってしまうみたい。
「枝が弱るんや」と親方が言っていました。

P1030025s.jpg

だいぶむきました。
まあるい形のと、
涙型の柿とあります。
種類が違うらしい。
(丸いほうがおいしいらしい)

P1030030s.jpg

ひたすら剥き続けるけど、全然終わらない。
午前中二人で作業。

どこかからひとなつこい猫が応援にきました。

P1030036s.jpg

しょうがないから写真撮ってあげよう。

P1030037s.jpg

剥いても剥いても終わらず飽きてきた。
手も痛くなってくるし、
反対の手で剥いてみよう。

P1030047s.jpg

ボケ防止になるかしら。

ところで、
渋柿ってどんだけ渋いのかな?
渋いってどんな味だっけ?

と思って、食べてみました。

P1030040s.jpg

ちょびっとだけ

P1030041s.jpg

あーーーー
あかーん!!
しぶいーーーーー
口の内側の皮がじゅーっと収縮する感じ。
この渋味が甘みにかわるのか!
不思議すぎる!

しかしその後も時間がたつと、
どんな感じだったかな?
思って何度か食べてしまいました。
やっぱり、赤く色んでるほうが、いくぶん渋みも弱いですね。

剥いた柿はひもにくくります。

P1030033s.jpg

新聞とか縛るひも。
一本を1/3くらいにさいてつかう。

P1030032s.jpg

いくつかツラツラと連ねるんではなくて、
ひもの両端にわっかをつくってくるっとひっかけます。

P1030049s.jpg

そして棒にひっかけて、干します。


午後になって人がちょっと増えてきて、
スピードアップ!

P1030051s.jpg

P1030056s.jpg

テレビで「お湯に5秒つけて殺菌する」とやってたので、
土とかついてるし、洗う意味も込めて、
お湯でしゃぶしゃぶすることに。

P1030058s.jpg

3時のお茶も飲みながら。

P1030060s.jpg

ずらっと並びました。

P1030062s.jpg

こっちにも。
なんだかリズムがあるみたい♪

P1030059s.jpg

でもまだこんなに干すものがあります。
どこに干すのか。。。

そしてここに干した柿はミツバチのウンコまみれになるのでは?
と不安がよぎる。
親方にきいたら
「ウンコもタンパク質やー」
あ、そうですか。
気にしない方向で。


クリックおねがいいたします。↓
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へ
小森養蜂場

今日の柿畑

今日も富有柿の収穫です。

P1020926s.jpg

毎日毎日柿ちぎり。

今日は親方も柿ちぎりに参加してます。

P1020962s.jpg

P1020964s.jpg

ちぎった柿は
まず「製品」になるものと、
「規格外」になるものに選別。

P1020977s.jpg

右側のカゴが製品で、左が規格外(ワケアリ)

P1020978s.jpg

↑こっちが製品

P1020979.jpg

↑こっちが規格外

↓これは小さすぎ

P1020981s.jpg

初夏にやる「摘蕾」がうまくできてないと、
小さいのがなります。
さては、養蜂家たちがやったとこだなー?

↓これは形がボコボコでだめ。

P1020980s.jpg

うまく受粉しないと、
種ができなくて、
お尻がへこんで形の悪い
「おへご」になってしまうんだって。
蜂屋さんの柿なのに…

ちなみに蜂箱に近い木ほど「おへご」になっちゃう。
ミツバチは出稼ぎのほうが好きらしい。
(だから採蜜用の蜂場もちょっと蜜源からはなれてます。
れんげ畑の真ん中に蜂箱おいてある写真をたまに見ますが、
あれは広告用のデモンストレーション)

↓これは黒い傷があります。
虫がついたのかな?

P1020983s.jpg

2等品としてもうれないのは、
クズとして、
おうちで消費してます。

柿を豚バラで巻いて焼くとおかずになっておいしいよ。

P1020988s.jpg

まだまだ柿ちぎりは続きそうです。

今日はがんばった!こんなに出荷が!
↓↓
P1030017s.jpg



↓来ていただいてありがとうございます。
にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
小森養蜂場

柿の収穫 小学生が校外学習にきました!

富有柿も大方色づいて、毎日収穫→出荷で忙し忙し。

P1020930s.jpg

今日は近くの小学校の子供たちが、
柿ちぎり体験しにやってきます。

夏には摘蕾作業もしにきたそうです。

この木が小学校用の木。
1クラス、60人(1クラス20人なの!??)がくるので、
足りなくならないように、
いっぱい生らせてます。

P1020923s.jpg

そんで、背も低いの。
手が届くようにね。

前は1クラスだけだったけど、
授業やってくれる柿農家さんが減ってしまったので、
ここで3クラスも持つみたい。

P1020954s.jpg

さてさて、
歩いてやってきました!!

P1020959s.jpg

「小森さんの柿畑です、前来たのは夏でしたねー」
と先生のお話。

みんなで一斉に柿ちぎりはできないので、
柿ちぎるクラスと
柿の絵をかくクラスと
ちぎってるところを見学するクラスに分かれて順番に。

P1020965s.jpg

ちゃんと並んで柿畑入っていきます。

P1020966s.jpg

そしてカヨコさんと親方がちぎってるところを見学してます。

P1020971s.jpg

こっちでは柿ちぎり、

P1020972s.jpg

1人1個か、2個ちぎるだけだけど、
それでも楽しいみたいでよかった。
やっぱ自分でとるのはうれしいよね。

「柿ちぎりすげー楽しかった!」
「大きいのとった!」

と楽しげに話してくれました。

P1030013s.jpg

最後にもう一度集まって、
質問タイム。
みんなしっかり手を挙げてくれてます。
どんな種類があるか、とか、
答えてもらったことをみんな必死にメモしてました。

P1020984s.jpg

なんだか、のどか…

さて、みんなが帰って、
ほっと一息。
お茶にしますか。

P1030015s.jpg


↓来ていただいてありがとうございます。
にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
小森養蜂場

ミツバチの引き上げ

毎年11月の上旬に北海道からのミツバチを全部引き上げて帰ってきます。

今年は11月5日の夜中に、
大型トラック2台分の巣箱が岐阜に到着しました。

6日は朝からハチおろしです。
お世話になっているハチミツ屋さん
養蜂家さん、近所のひともお手伝いに来てくれて、
30人くらい集まって一斉におろします。

大きなトラックが入れない蜂場へは、
1トン車などに詰め替えてもっていったり、
なかなか手間なのです。

女性陣はお昼の宴会準備。
ハチおろしが終わったらお昼はみんなで宴会。
一年の感謝をこめて、収穫祭のような雰囲気です。

北海道から持って帰ってきたジンギスカンと、
ジャガイモをふかして、
それから毎年みんなの楽しみは、アユ!
タマゴがぱんぱんに入ったアユを炭火で焼くのが恒例です。

…と、
今年は下し終わるのが早くって、
みんな9時に帰ってきてしまいました。
お昼なんだか、朝なんだかわからない時間ですが、
あわただしく宴会スタート。

私はあろうことか写真撮り忘れ。
とほほ。

あいにくの空模様だったけど、
むしろ晴れたほうが暑くて大変だったかも。

今年も楽しく終われました^^
みなさんありがとう。


さて、次は、
年末のもちつき大会ですね。
じゃなかった、
ミツバチの冬越しの準備ですね。

↓クリックしてくれるとうれしいです。お願いします。
にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
小森養蜂場