スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養蜂道具紹介2  燻煙器

私のお気に入りの道具はダントツで燻煙器(くんえんき)!!

P1010688s.jpg

ミツバチが煙を嫌がるので、
煙をしゅっしゅと吹きかけて、
(巣箱の奥などへ)追いやるときに使う必須の道具。

スチール部の細いもの、背が高いものなどの変種がありますが、
小森養蜂場ではみんな写真のものを使ってます。

P1000888s.jpg

スチール部分に麻袋の切れ端など燃やすものを入れて、
アコーディオンのようになってる部分をバフバフとおすと、
煙突の上から煙が出てきます。

DSCF9458s.jpg

バフバフ部をとりかえて何年でも使えますが、
バフバフ部もなかなか壊れないので、
そのまま何年でも使えます。

DSCF9382s.jpg

調子にのってバフバフしすぎると、
煙突から火がでます。

ミツバチにかけるのはあくまで煙だけ、
あんまりミツバチのちかくでバフバフしすぎて
「そんなにやったら、熱くてハチが死ぬやろー!」
と怒られたことがあります。

焼け死ぬくらいの熱風が出るので注意です。

DSCF1775s.jpg

トラックに載せるときは風が入ると
煙突部からボーっと火を噴いてしまうので、

DSCF4495s.jpg

その辺に生えている草を煙突部に詰めて、
風が入らないようにします。
(初めてみたときは遊んでるのかと思いましたが、
真剣に詰めます)

草が詰まった姿もキュートで大好きな燻煙器。

↓クリックしてくれるとうれしいです。お願いします。
にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
小森養蜂場
スポンサーサイト

養蜂道具紹介1 ハケ

養蜂作業で使う道具を紹介します。

今回はハケ。
養蜂道具としてはちょっと地味ですかね?

P1010728s.jpg

ミツバチを直接払うときに使います。
ハケで撫でればミツバチを傷つけずに払うことができます。
小森養蜂場では、採蜜が終わった後、
巣板を巣箱に戻すときに使います。

P1010690s.jpg

↑こんな風に箱の縁にミツバチがびっちりついているので、
このままフタをしたら潰れてしまいます。

タヘイさんがハケを使っている様子をどうぞ。
↓↓↓
[広告] VPS


養蜂作業は重労働だけど、
小さなミツバチ相手だから意外に繊細。

↓クリックしてくれるとうれしいです。お願いします。
にほんブログ村 企業ブログ 農業(・林業・水産業)へ
小森養蜂場

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。