FC2ブログ

れんげ畑

mDSC_0884.jpg
3月末。
菜の花が咲いて、桜が咲いたと思ったら。

mDSC_0878.jpg
風がビューっと吹いて、つぼみだけ残った桜。

何でちゃんとした桜の写真が撮れてないのかな、と考えたら、桜の見ごろの時期は春休み。
我が家の小さな怪獣たちがやんちゃをしていたなー……と思い出しました(苦笑)

そんなわけであっという間に4月も半ば好きですが。

まだ寒いね。
れんげがなかなか咲かんね。
とか言ってた先週頭。

もうれんげが満開です。

mDSC_1022.jpg
れんげは気温が低いと蜜を吹かないので、ミツバチが飛んでこないのだそう。
(暖かくないとミツバチは活動をしないので、それを知って蜜を吹かないのかも?)
なので春先、養蜂家は気温が20℃を超えるのを今か今かと待つわけです。

れんげが咲き始めると、養蜂家たちはぐっと忙しくなります。
ミツバチの群を増やしておくことはもちろんですが、巣箱に冬の間の蜜が混じっている可能性があるので、
れんげ蜜が入る前にその蜜を採る必要があるからです。

mDSC_1026.jpg
曇りも多くて、微妙に肌寒くはあるのですが。
晴れた日にはミツバチちゃんたちはブンブンとれんげ畑を飛び回っています。

mDSC_0991.jpg
蜜をたっぷり吸ってぷっくり膨らんだお尻がキュート。

昨年は不作に終わったれんげ蜂蜜。
たくさん巣に持ち帰っておくれよ、と願うばかりです。


国産純粋はちみつ 小森養蜂場
スポンサーサイト



フリーペーパーに載りました

実は年末、どういうわけだか取材続きだったのですが……。
フリーペーパーにも掲載していただきました!

mDSC_0853.jpg
エコムつうしん79号 3・4月号 (通称エコツー)
発行:エコカワムラ株式会社 制作:石井デザイン
バックナンバーはコチラ →http://www.ecomkawamura.co.jp/other/free_paper.html(別窓で開きます)

みかけたら、ぜひ手に取っていただければ幸いです。

国産純粋はちみつ 小森養蜂場

送別会

mDSC_0063.jpg
梅の花が咲き始めるころには、蜂屋の仕事はぐっと忙しくなります。
交配(受粉)用の蜂の出荷や、採蜜用の蜂の準備で、養蜂家たちが家にいることが少なくなってきました。

mDSCPDC_0002_BURST20190215103750348_COVER.jpg
アタシはそんなことより、お家にエサを持って帰らなきゃ、とミツバチたちはせっせと梅の花に足を運んでいます。

mDSC_0852.jpg
そんな中、今日はてっちゃんの送別会が行われました。
いつもだったらお店で、なのですが、時間の都合で今日はお家でとなりました。

社長、一言お願いします、と言ったら親方がしゃべり始めてしまい、社長(タヘイさん)以下、スタッフが「ぶはっ」と笑ってしまうということもありましたが……無事、美味しく楽しく終了することができました!
寂しくなりますが、てっちゃんの新天地で活躍を祈りつつ、またみんなで頑張って小森養蜂場を盛り上げて行きたいと思います。

そんなわけで、現在、一緒に頑張ってくれる方を募集中です。
気になる方は、
0585-32-0980 担当チグサ
までご連絡くださいませ。

国産純粋はちみつ 小森養蜂場

取材が記事に!

m無題

あけましておめでとうございます!
今年も小森養蜂場のミツバチたちとスタッフともども、よろしくお願いいたします!!

さて。

昨年末に
朝日新聞の子どものためのキャリア教育サイト
「おしごとはくぶつかん情報館」
というところから取材依頼がありまして……。

「現在しごと中 あの人は何をしているの?」
というコンテンツで記事にしていただきました!

■第33回 現在しごと中 あの人は何をしているの?
→https://www.oshihaku.jp/series/00005/033(別窓で開きます)

こういうサイトがあるのは知らなかった(ゴメンナサイ……)のですが、
結構面白い読み物ですので、是非、他の記事も読まれることをオススメいたします!

ちなみに、写真左で箱を運んでいるのが親方、
右で巣にくっついている蜂をふるい落としているのがタヘイさんです。
この写真を見ながら、いいなー、蜂ふるい、私もやりたいー、と思っている私。
と言っても、1箱もやればそれで満足なのですが。
(蜂振るいは、簡単に見えますが、繊細さ+すーーーーーっごい体力のいる仕事なので)
採蜜あとは、腕がパンパンになるのだとか。

なにはともあれ。
これを読んだ子どもたちが、ちょっとでも養蜂に興味を持ってくれるとうれしいです。

別件ですが、小森養蜂場では、お仕事に興味のある大人を募集しております。
気になる方は、
0585-32-0980 担当チグサ
までご連絡くださいませ。

国産純粋はちみつ 小森養蜂場

そば蜂蜜をご注文のお客様へ

page_1sb.jpg
page_2sb.jpg
またまたご無沙汰しております。
チグサです。

昨日のことですが。
あああ、年末が来ちゃう!
取引先に休業日のお知らせをせねば!
と、夕飯後にPC前にて作業していたのですが、何だか夕方から注文がやたらと入っている……?
テレビで「はちみつが体にいいよ」という特集でもあったのかしら?
とか思って今日を迎えたわけです。

朝、ユミコさんが注文内容を見てビックリ。
「チグサさーん。なんでか、そば蜂蜜の注文が大量ですー!」
「えええ?なんでですか?」
と二人でスマホで情報検索するも掴めず。

お電話で注文下さった方が教えていだたいてわかったのですが、
名医のTHE太鼓判!(TBSテレビ)
で取り上げられたようですね。

最近、『テレビで「はちみつって〇〇に効く」って言ってたけど』といったようなお問い合わせを頂くことがあります。
ですが、ごめんなさい。
あくまでも販売しているのは食品で、医薬品ではないので、
『〇〇という成分は入っているようです』ということは言えても
『〇〇に効く』ということは言えないのです。

ところで、このそば蜂蜜、記載の通り、極めて個性的です。
黒糖のような味もしますが、香りが薬っぽいような感じで独特。

そのため、好みがはっきりと分かれる蜂蜜なのですが、もし、購入された方で
「なかなか減らない……」
という方は、お湯割りして飲むと意外と香りが弱まるのでオススメです。
ちなみに私は、そこにスライスしたショウガを入れて、生姜湯として飲むのがお気に入りだったり。
生姜を漬けてみるのも良いかもしれませんね!

そば蜂蜜が苦手、という方には若干クセが弱めのソバ混じり百花という蜂蜜もあります。
ミツバチたちが8月頃、色んな花と一緒にソバの花蜜も集めてできたこの蜂蜜、
・百花と言うにはソバのクセが入っちゃってる
・ソバと言うにはソバのクセが弱い
という、立ち位置がはっきりしないので、お値打ちな蜂蜜です。
そば蜂蜜に興味があるけど食べれるか心配という方はこれでお試ししてみてはいかがでしょう?

今年はれんげが不作で欠品のため、小森養蜂場の蜂蜜は11種類のところ現在10種類。
それぞれの特徴を楽しんで、美味しく召し上がっていただければ幸いです。

国産純粋はちみつ 小森養蜂場

北海道への配送、北海道販売所について

■北海道への配送について
ゆうパックは9月14日より、避難所へ避難されている方へのお届けを開始しているようです。
ただし、お届けに遅れが出る場合があります。
詳しくは→コチラ(別窓で開きます)

■北海道販売所について
営業は9月28日までとなります
あわせて、今回の北海道胆振東部地震で被災されている方への提供も9月28日までとなります。

■被災されている方に提供しています(9月28日までとなります)
千歳市住吉3-4-27(ホーマック駐車場の隣です)
TEL 0123-26-0272
・お風呂
・お水
・洗濯機
・トイレ
の提供が可能です。

よろしくお願いいたします。

店長チグサ

無事です-北海道胆振東部地震

北海道胆振東部地震、大きい揺れのあとに起きた停電で通信機器がまともに使えなくなり、連絡もままなりませんでしたが、小森養蜂場の滞在先は昨夜9/7に復旧しました。
一緒に来ている養蜂家も子供たちも何事もなく元気にしています。
たくさんの方からご心配のお声をかけていただき、ずいぶんと励みになりました。
本当にありがとうございます!
個別にご返信できず申し訳ないのですが、こちらにてお礼とご報告にかえさせていただきます。

まだ通電していない地域もあるようですし、ガソリンや食べ物といった物資のことや、余震も続いていますので問題がないわけではないですが、電気があることにほっとしています。

買出しに出たとき、安平の方がいて、水に困っているというお話を聞きました。
もし、被災されている方で、水や電気に困っている方がいましたら、小森養蜂場までお越しください。

■提供できます
千歳市住吉3-4-27(ホーマック駐車場の隣です)
TEL 0123-26-0272
・お風呂
・お水
・洗濯機
・トイレ
などの提供が可能です。

また、今回の被災にあたって大反省をした備蓄について

■是非とも常備してください
・カセットコンロ一式
・水やお茶
・紙皿+ラップ(ラップを巻いて使って、ラップを捨てる)
・ラジオ(情報収集に重要)
・ランタンや懐中電灯、乾電池
・新聞紙
・日持ちする常温保存のできるもの
・トイレットペーパーやティッシュペーパー、ウエットテッシュ
・スマホの充電器(手動や電池式)
(ただし、今回の地震はネットも電話もつながりにくくなっていました)
・小さいお子さんがいらっしゃる方は、ミルクや紙おむつ、お気に入りのおやつなど

それと、これは買出しのときに一緒に並んでいた方が教えたくださったのですが、台風が来るときはお風呂に水をいっぱいにしておいたほうがよいよ、と。
普段の何気ない心がけが、一命をとりとめるカギだ、とつくづく実感をしています。

また、岐阜の方では問題なく出荷を行っております。
9/8時点ではゆうパックが北海道行の荷物を停止しているようですので、北海道行については発送が不明です。

よろしくお願いいたします。

国産純粋はちみつ 小森養蜂場

北海道のお店を開店しました!

6月13日に北海道に到着して、
「あら思ったより家の中がきれいだー!」
がっつり掃除しなきゃいかんのか……と恐れていたのが杞憂に終わった!
などと喜んだのも束の間で、岐阜の3月終わりころの気温のつもりで来たら、3月頭くらいの気温。
「何だか予想してたのより寒いよ!!!!!」
と子ども服の獲得に奔走しました……。
寒くても北海道はこの時期、半そで半パンがメイン販売になっているのですよ。
そんなわけで、一週間ほど主に子供のことでワタワタと時間を取られていたのですが、やっと落ち着いてきました。


さて、この寒さでアカシアもクローバーも取れないのでは?と心配していたのですが、採蜜ができました。
たくさん採れるかどうかはお天気次第ですが、北海道の店頭販売は何とか無事にできそうなようです。

RDSC_0544.jpg
今日は瓶詰をしておりまして、いまチョコっと中断してブログを更新中。

RDSC_0545.jpg
あまりの寒さに採れないんじゃないかという話で、立てれず終いになるんじゃないかと心配していたノボリも今日立てましたよ!

RDSC_0543.jpg
岐阜から少し持ってきた600グラム(前列)も一緒に販売しています。
これはいま並べてある分のみで完売です。

RDSC_0541.jpg
余談ですが、小瓶の値札に使っているこのインコのメモ。
中身もカラーかと思っていたらそうじゃなかったという……。
かわいいのでヨシ、とします(笑)

◆◆北海道での直売について◆◆
北海道のお店での販売は、9月末まで。
急な不在もあるので、
TEL/FAX 0123-26-0272
までお問い合わせいただければ確実かと。
岐阜への持ち帰りは10~11月頃となりますので、北海道の今年の蜜をご希望の方は今しばらくお待ちくださいませ。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

国産純粋はちみつ 小森養蜂場

巣礎はり

商品のラベルが変わりました!
なんだか最初は見慣れなかったのですが、じわじわと愛着がわいてきています。

webショップの方はセール前から、あーでもないこーでもないと、ちくちくやっていた作業がやっと日の目をみています(笑)

mDSC_0480.jpg
今日は、午後からはお天気も良く、ドウダンにミツバチが。
ぶら下がっている姿はかわいいですねー。

さて、先日から、巣礎はり(スソはり)がスタートしています。

mDSC_0465.jpg
スソとは、ミツバチが巣を作る基礎にさせるロウの板で、

mDSC_0466.jpg
こちらの巣枠(すわく)に組み合わせて

mDSC_0469.jpg
埋線器を使って貼っていきます。
カヨコさんは上手で速い!

mDSC_0468.jpg
この埋線器、ぴょこっと出ている金具部分があるのですが、

mDSC_04682.jpg
丸で囲っているところが、巣枠の針金部分にくっつくと針金があったまって、巣礎を溶かしてくっつける、という仕組みです。
なので、あっためすぎると溶けすぎになって破れます!
ちなみに、チグサは「適材適所」という言葉のもとに、この仕事はやっておりません……。

mDSC_0475.jpg
上手に針金が入るとこんな感じ。

ここから先はミツバチが、巣礎をもとに巣を作り、
P1010366s.jpg
このように枠に合わせた形に仕上がります。


国産純粋はちみつ 小森養蜂場

梅が満開!

2月中旬ごろから梅が咲き始め、いつも写真を撮る時期がセールもあって後手に回るので、花が散り始めているかなぁ……と思ったんですが、意外とそうでもなく。
mRIMG1120.jpg
満開です。

mRIMG1125.jpg
さすがに咲き始めてから2週間は軽く経つので、ミツバチたちは次の花を探している様子。
訪れているのはまばらです。

mRIMG0968.jpg
今日は天気がいいので、ぶんぶんと飛び回る我が家の娘さんたち。
ときどき雄蜂も見かけました。

mRIMG1111.jpg mRIMG1039.jpg
家を出るときはスマートだったおなかも、蜜をたくさん吸ってぷっくり、花粉団子もたくさん足につけて帰ってきます。
これから採蜜シーズンに入るので、この時期に元気に飛び回って餌を集めてくるのは大事。

いっぱい採ってくるんだぞー!
と写真を撮りながら、戯れつつ見守っていたら。

額がつーーーーーーーーーーーーーーーーん、と。
いたいーーーーーーーーー!

久々にミツバチと戯れて調子に乗って、巣門の入り口でミツバチの邪魔をしすぎたようで。
これまた久々に刺されていたい思いをしたとか、したとか……。
ちなみに、刺されたら。
親方もカヨコさんも、おめでとうと言ってくれます(笑)


国産純粋はちみつ 小森養蜂場