FC2ブログ

無事です-北海道胆振東部地震

北海道胆振東部地震、大きい揺れのあとに起きた停電で通信機器がまともに使えなくなり、連絡もままなりませんでしたが、小森養蜂場の滞在先は昨夜9/7に復旧しました。
一緒に来ている養蜂家も子供たちも何事もなく元気にしています。
たくさんの方からご心配のお声をかけていただき、ずいぶんと励みになりました。
本当にありがとうございます!
個別にご返信できず申し訳ないのですが、こちらにてお礼とご報告にかえさせていただきます。

まだ通電していない地域もあるようですし、ガソリンや食べ物といった物資のことや、余震も続いていますので問題がないわけではないですが、電気があることにほっとしています。

買出しに出たとき、安平の方がいて、水に困っているというお話を聞きました。
もし、被災されている方で、水や電気に困っている方がいましたら、小森養蜂場までお越しください。

■提供できます
千歳市住吉3-4-27(ホーマック駐車場の隣です)
TEL 0123-26-0272
・お風呂
・お水
・洗濯機
・トイレ
などの提供が可能です。

また、今回の被災にあたって大反省をした備蓄について

■是非とも常備してください
・カセットコンロ一式
・水やお茶
・紙皿+ラップ(ラップを巻いて使って、ラップを捨てる)
・ラジオ(情報収集に重要)
・ランタンや懐中電灯、乾電池
・新聞紙
・日持ちする常温保存のできるもの
・トイレットペーパーやティッシュペーパー、ウエットテッシュ
・スマホの充電器(手動や電池式)
(ただし、今回の地震はネットも電話もつながりにくくなっていました)
・小さいお子さんがいらっしゃる方は、ミルクや紙おむつ、お気に入りのおやつなど

それと、これは買出しのときに一緒に並んでいた方が教えたくださったのですが、台風が来るときはお風呂に水をいっぱいにしておいたほうがよいよ、と。
普段の何気ない心がけが、一命をとりとめるカギだ、とつくづく実感をしています。

また、岐阜の方では問題なく出荷を行っております。
9/8時点ではゆうパックが北海道行の荷物を停止しているようですので、北海道行については発送が不明です。

よろしくお願いいたします。

国産純粋はちみつ 小森養蜂場
スポンサーサイト

北海道のお店を開店しました!

6月13日に北海道に到着して、
「あら思ったより家の中がきれいだー!」
がっつり掃除しなきゃいかんのか……と恐れていたのが杞憂に終わった!
などと喜んだのも束の間で、岐阜の3月終わりころの気温のつもりで来たら、3月頭くらいの気温。
「何だか予想してたのより寒いよ!!!!!」
と子ども服の獲得に奔走しました……。
寒くても北海道はこの時期、半そで半パンがメイン販売になっているのですよ。
そんなわけで、一週間ほど主に子供のことでワタワタと時間を取られていたのですが、やっと落ち着いてきました。


さて、この寒さでアカシアもクローバーも取れないのでは?と心配していたのですが、採蜜ができました。
たくさん採れるかどうかはお天気次第ですが、北海道の店頭販売は何とか無事にできそうなようです。

RDSC_0544.jpg
今日は瓶詰をしておりまして、いまチョコっと中断してブログを更新中。

RDSC_0545.jpg
あまりの寒さに採れないんじゃないかという話で、立てれず終いになるんじゃないかと心配していたノボリも今日立てましたよ!

RDSC_0543.jpg
岐阜から少し持ってきた600グラム(前列)も一緒に販売しています。
これはいま並べてある分のみで完売です。

RDSC_0541.jpg
余談ですが、小瓶の値札に使っているこのインコのメモ。
中身もカラーかと思っていたらそうじゃなかったという……。
かわいいのでヨシ、とします(笑)

◆◆北海道での直売について◆◆
北海道のお店での販売は、9月末まで。
急な不在もあるので、
TEL/FAX 0123-26-0272
までお問い合わせいただければ確実かと。
岐阜への持ち帰りは10~11月頃となりますので、北海道の今年の蜜をご希望の方は今しばらくお待ちくださいませ。
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

国産純粋はちみつ 小森養蜂場

巣礎はり

商品のラベルが変わりました!
なんだか最初は見慣れなかったのですが、じわじわと愛着がわいてきています。

webショップの方はセール前から、あーでもないこーでもないと、ちくちくやっていた作業がやっと日の目をみています(笑)

mDSC_0480.jpg
今日は、午後からはお天気も良く、ドウダンにミツバチが。
ぶら下がっている姿はかわいいですねー。

さて、先日から、巣礎はり(スソはり)がスタートしています。

mDSC_0465.jpg
スソとは、ミツバチが巣を作る基礎にさせるロウの板で、

mDSC_0466.jpg
こちらの巣枠(すわく)に組み合わせて

mDSC_0469.jpg
埋線器を使って貼っていきます。
カヨコさんは上手で速い!

mDSC_0468.jpg
この埋線器、ぴょこっと出ている金具部分があるのですが、

mDSC_04682.jpg
丸で囲っているところが、巣枠の針金部分にくっつくと針金があったまって、巣礎を溶かしてくっつける、という仕組みです。
なので、あっためすぎると溶けすぎになって破れます!
ちなみに、チグサは「適材適所」という言葉のもとに、この仕事はやっておりません……。

mDSC_0475.jpg
上手に針金が入るとこんな感じ。

ここから先はミツバチが、巣礎をもとに巣を作り、
P1010366s.jpg
このように枠に合わせた形に仕上がります。


国産純粋はちみつ 小森養蜂場

梅が満開!

2月中旬ごろから梅が咲き始め、いつも写真を撮る時期がセールもあって後手に回るので、花が散り始めているかなぁ……と思ったんですが、意外とそうでもなく。
mRIMG1120.jpg
満開です。

mRIMG1125.jpg
さすがに咲き始めてから2週間は軽く経つので、ミツバチたちは次の花を探している様子。
訪れているのはまばらです。

mRIMG0968.jpg
今日は天気がいいので、ぶんぶんと飛び回る我が家の娘さんたち。
ときどき雄蜂も見かけました。

mRIMG1111.jpg mRIMG1039.jpg
家を出るときはスマートだったおなかも、蜜をたくさん吸ってぷっくり、花粉団子もたくさん足につけて帰ってきます。
これから採蜜シーズンに入るので、この時期に元気に飛び回って餌を集めてくるのは大事。

いっぱい採ってくるんだぞー!
と写真を撮りながら、戯れつつ見守っていたら。

額がつーーーーーーーーーーーーーーーーん、と。
いたいーーーーーーーーー!

久々にミツバチと戯れて調子に乗って、巣門の入り口でミツバチの邪魔をしすぎたようで。
これまた久々に刺されていたい思いをしたとか、したとか……。
ちなみに、刺されたら。
親方もカヨコさんも、おめでとうと言ってくれます(笑)


国産純粋はちみつ 小森養蜂場

非加熱はちみつと生はちみつ

mRIMG0807.jpg


非加熱はちみつ、生はちみつは何が違うんでしょう?
というお問い合わせをいただきますが、小森養蜂場では、

◎生はちみつ 
・そのまま瓶詰めしたもの(非加熱はちみつ)
・はちみつの流動性を上げ瓶詰めを行ったもの

◎非加熱はちみつ
・そのまま瓶詰めしたもの(非加熱はちみつ)

ということになります。

採れたてのはちみつは流動性が高い(柔らかい)のでそのまま瓶詰めできますが、瓶詰めを行わず一斗缶で保管したものは、結晶したり粘性が上がって瓶詰めしづらいため、55℃未満の温度で結晶を溶かし、流動性を上げて瓶詰めをしやすくしています。
もともとは、どちらも区分けせず……というかどちらかといえば、いまでも「同じはちみつ」という概念です。

ところが、最近、テレビや雑誌ではちみつのことが取り上げられ、健康食品や機能的な側面がより注目されるようになり、「非加熱はちみつ」のお問い合わせが増えたため、現在、お試しで区分けをしています。
・アーユルヴェーダなどの思想的なもの
・非加熱に対するこだわり
があることを除くのであれば、

砂糖を使うより、同じ量のはちみつを使えば糖分20%オフ!
酵素も入ってる!
健康に一役買っている!
なにより、はちみつは食べて美味しい!

という食べ方をしていただくのが一番だと思います。


国産純粋はちみつ 小森養蜂場



冬場は小森木工所?

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。

お久しぶりです!
長らく更新できずに本当にゴメンナサイ!

今年度の夏、養蜂家たちは北海道でご飯係なしで頑張ってくれて無事採蜜も終わりました。
クローバーが少し多く採れたみたいで、ひっそりとクローバーも新しく仲間入りしています。
おそらくクローバーの非加熱は今回限りで、来年からはない予定ですので、気になる方はお早めにどうぞ。
(非加熱については次回、記事にしたいと思います)

私の方も遅れてやっと落ち着いたというか、目途が立ったというか……。
なんだかあれもこれも全部いっぺんに処理することがあって、隙を見つけて仕事しなくては、というかそんな感じです。

さて。
冬はミツバチちゃん相手の仕事は特になく。
箱を作ったり、枠を打ったりしています。
mDSC_0304.jpg
こちらは底板

mDSC_0310.jpg
こちらは側面

mDSC_0308.jpg
積みあがってます

すっかり木工所模様の小森養蜂場です。


国産純粋はちみつ 小森養蜂場

2017年の北海道販売所について

営業ボード産休

先日、ブログにも少し記載しておりましたが、2017年の北海道販売所についてのお知らせです。

2017年は養蜂家だけで北海道に上がるため、現場に行く者ばかりで販売員が不在です。
販売は、養蜂家が『在宅時の18時以降』となりますので、ご迷惑をおかけしますが何とぞよろしくお願いいたします。

店長 チグサ

みかん蜂蜜の販売を開始しました!

これまた昨夜、電話がありました。

「みかん蜂蜜、採れたから売っていいよー」
と、カヨコさん。
「あとね、れんげが……」
とまだ続けて話しているのに、親方が電話を替わりたかったようで中断。
カヨコさん、そんなにたくさんしゃべるほうじゃないから、たまには喋らせてあげて!と私が思ったとか思わなかったとか(笑)

で。
「みかん蜂蜜採れたでなー」
「瓶詰終わってるんですか?」
「おう、タンクに入っとるでええぞー(瓶詰の準備ができてるから、いつ売れても困らない、という意味)」
「じゃあ、今からお店に出します」
みかん蜂蜜も在庫切れだったので、早く出さないと、と頑張ってくれたみたいです。

「あと今日採った蜜、れんげやったで、去年よりは採れとる」

おおお!何とうれしい話!!!

とはいえ、採れたと言っても昨年より何十缶も、という意味ではないため、相変わらずれんげは希少な蜂蜜ですが……。
そういえば、タヘイさんが前回「味はしっかりしてて美味しい」と言ってたし、今年は蜜がふいた量が多かったのかな?と一人で納得している次第です。

あ、ショップのれんげ蜜に
『2017年は2016年より少し採蜜量が少なかった様子』
という文を載せてありましたが、現在は削除しております。

securedownload_201705241329056e0.jpg
今年のみかん蜜はこんな色。
詰めたてで、気泡が入っているのでちょっと色がわかりにくいかもですが。
ちなみに右側にピロンと出てるのは、瓶のふたに貼ったガムテープの筋ですね(笑)

そんなわけで長らくお待たせしました。
みかん蜂蜜の販売開始です。

→みかん蜂蜜

岐阜は採蜜シーズンに突入で忙しそうですが、たくさん採れるとみんな嬉しそうです。
蜂蜜はたくさんだとホントに重いので、大変だけど頑張って!と今年は遠くから祈るばかり。

こちらも、そろそろ頑張らなきゃいけないのですが、まだ気配なし。
女王蜂みたくポコポコ産めたらいいんだけどなーとやはり前回と同じことを思っています……。


国産純粋はちみつ 小森養蜂場

れんげ蜂蜜の販売を開始しました!

昨日の午後、書類の関係でカヨコさんに連絡を取ったところ。
「親方が、れんげ蜂蜜、24本詰めたから販売していいよ~と言ってるよ」
とのこと。
思わず、
「24本だったら即完売しちゃうので、もっとたくさん詰めたら教えてくださいー」
と返してしまいました。

いや、採蜜の方で忙しくて瓶詰してる暇がないのは重々承知しているんですが。
ネットショップでお客様から注文が入ってるのに、
「瓶詰が終わっていないのでちょっと待ってください」
なんて、対面販売じゃない限り対応が厳しすぎる!と判断しての発言だったんですが……。

その後、夜に
「わし、疲れとるんやけどなー」
と頑張って瓶詰めしてくれたそうで。
早く詰めて!と言ったつもりはなかったのでかえってスミマセン、と思いつつ、
「すごくかわいい感じに『ありがとう!』って言っといてくださいー」
とカヨコさんに伝言をお願いしました。

そんなこんなで、長らくお待たせしておりました。
もう少し後に販売予定だったれんげ蜂蜜、親方の夜なべ?により販売開始です。

→れんげ蜂蜜

2017年は2016年より少し採蜜量が少なかった様子。
ハチミツは一般的には豊作の年ほど良い品質です。
(花の量が少ないほど、他の花が混ざる可能性が高くなるので)

が、今年は蜂を設置した場所が少なかったのもあるみたいで、
「ちょっと少なかったけど味はしっかりしてて美味しいよ」
と親方もタヘイさんも言ってました。

そのおいしい蜂蜜、私も食べたい!
と思ってるんですが10月までお預けです(笑)


さて、みかん蜂蜜もお問い合わせが多いのですが、今年は裏年なのかもと言ってました。
(よく実のなる年と実がなるのが少ない年があるそうで。つまり花が咲くのが多い年と少ない年があるということですね)
securedownload.jpg
確かにちょっと花が少ない感じがします。

そうは言ってもたくさん採れるといいなぁ……。
みかん蜂蜜、採蜜できれば5月下旬か6月上旬に販売予定です。
いましばらくお待ちくださいませ。


国産純粋はちみつ 小森養蜂場

店長が岐阜に不在です

バタバタするばかりで、時間だけが無情に過ぎています。
店長のチグサです。

idou_san.gif

例年であれば、6月中旬頃に不在になるはずじゃ……?
と思った方もいるかもしれませんが、ワタクシ現在、産休のためカツオのおいしい国に移動しております。
産休といっても、お問い合わせへの返信やちょこちょこと事務作業もやってたりしますので、
完全産休?ではないのですが(笑)

そんなわけで、引っ越しに保育園の手続きに病院手続きと書類に……と諸々やっと落ち着いて
ご報告している次第です。
10月中旬には岐阜へ戻る予定ですので、しばらくご不便をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

あああ!ちなみに今年は北海道へ留守番係と販売担当が行けず、男性陣のみのため、
北海道の販売所は 『不在がちで、ほぼ夕方のみの販売』 となると思います。
これもご不便をおかけしますが、なにとぞご理解くださいませ。
また改めて、ウェブショップにも記載いたしますね。


ところで、先日、新しいトラックが届いたんだとか。
現物は見てないので、タヘイさんに写真をお願いしたんですが。
DSC_0865.jpeg
なんだかあまり大きさがつかめず。
トラックの新車ってどんな匂いなんだろう。

おまけで、もう一枚写真が届きました。
DSC_0794.jpeg
蜂場から見えた虹。
虹って、主虹と副虹の2本あって、はっきり見えるほうが主虹、うっすら見えるのが副虹だそう。
反射してるので、この2本は色の並びが逆なんですが、どっちがどっちだったか忘れました。
古代中国では虹蜺(コウゲイ)といって龍の雄雌に例えたんだとか。

虹の話はさておき。

実家へ移動して来た時に、れんげが満開でした。
DSC_1557.jpg
近くを通ると懐かしいれんげ畑の香りが!
そうそう、こんな香り!と思いつつゆっくり撮りたかったのに、子どもが私を置いてタタタタっと
歩いてしまうので慌てて撮る始末。
今週はすでに田んぼを耕してしまってて、残念無念。
大野町では花の終わりまで、耕されずに咲いててくれるといいんですが。
あ、咲いててなおかつ、蜜がたくさん噴いてミツバチちゃんが元気に活動してくれるのが一番よいです。

気候が変なので若干不安ですが、
れんげ蜂蜜がたくさん採れますよーに!
と祈るばかりです。


国産純粋はちみつ 小森養蜂場